ウマ王子の一口馬主ブログ

競馬・一口馬主・POGを楽しむブログ

インゼルファンファンド2021は稼げるのか!?|維持費は!?

Insel Fun Fund 2021は稼げるのか!?

今回はインゼルサラブレッドクラブの独自ファンド「インゼルファンファンド2021は稼げるのか」を独自に考察します。

※あくまで個人的な考察です

 

○まとめ動画

チャンネル登録お願いします↓

【一口馬主】インゼルファンファンド2021を徹底解説

 

○Insel Fun Fund 2021について

●仕組み

募集No.1~15(500口募集馬)の競走用馬全15頭の10%(50口)をInsel Fun Fund 2021として組成し、募集予定総額(4610万円)を2500口に分割し、1口単位で販売するクラブの独自ファンド。1会員あたり最大5口まで

要約すると、募集No.1~15(500口募集馬)の競走用馬全15頭に1/25000ずつ出資するプランのこと。

 

●会員特典

①インターネットで愛馬の情報提供

②ゴール前優勝写真のDL

命名権、口取りなどはない

 

●運用予定開始日

2022年1月1日~

 

●Insel Fun Fund 2021の費用【税込】

①入会金:3300円

※当クラブの50口・500口会員免除

②出資金:18440円/口

③月会費

→2023年まで:800円/月(9600円/年)

→2024年まで:60円/頭(年720円/頭)

※当クラブの50口・500口会員免除

④維持費・保険料出資金

→2022年:4050円/年

→2023年以降:毎年一定でなく、当該出資馬群の頭数、年間にかかる維持費・保険料出資金に応じて変動する。

 

●クラブ手数料

賞金(消費税含む。但し、特別出走手当は除く)および褒賞金(消費税含む)の5%の額

クラブ法人営業経費+愛馬会法人営業経費

 

●賞品売却分配金

税込10万円を超えるもの(一部除く):あり

税込10万円を超えないもの・一部寄贈品など:なし

※受領権は、Insel Fun Fund 2021会員は、通常会員にて買取希望者がいない場合、別途愛馬会が定めるルールに則り買取を募るため、優先順位は通常会員より低い

 

●500口募集換算

18440円/1口:0.3/500

36880円/2口:0.6/500

55320円/3口:0.9/500≒実質1/500

73760円/4口:1.2/500

92200円/5口:1.5/500

 

募集注目馬2022

 

●オススメポイント

①1口(2万円弱)で質の高い競走馬15頭に出資できる。

②15頭もいるため、コンスタントに楽しめる

③収支面ではリスク分散の役割がある。

④牡馬(全8頭)のいずれかが種牡馬入りした際、配当が貰える

 

○Insel Fun Fund 2021は稼げるのか!?

あくまでリスク分散のファンドであるため、大きく負けない可能性はあるが、その分大きく勝つ(儲かる)可能性も低いと考える。

また、個人的には月会費が地味に痛いが、50口・500口会員免除されるため、インゼルファンファンド2021のみの入会よりは掛け持ち(50口・500口)の方がファンドのコストは安い

 

○コメント

今回は、あくまで収支面だけを考えたときの「インゼルファンファンド2021」を考察しました。キャロットクラブやシルクホースクラブ並とはいえないまでも、質の高い競走馬(ノーザンF産/社台F産/クールモア産)全15頭のファンドは、非常に魅力的に感じます。

15頭もいれば、毎月1頭は走ってくれそうで、一口馬主として楽しめそうですね。

Amazonで買い物↓

ウマ王子の一口馬主ブログ All Rights Reserved.プライバシーポリシー お問い合わせ