ウマ王子の一口馬主ブログ

競馬・一口馬主・POGを楽しむブログ

【インゼルTC】募集馬2021を総評【500口/三嶋牧場編】|ルーシーブライドの20/ユイフィーユの20

今回は、「インゼルTC募集馬2021を総評【500口/三嶋牧場】」したので紹介します。

※馬体写真なし・厩舎未発表時点での総評

※あくまで個人的総評です

 

●詳細動画

【インゼルTC】2021年度募集馬(ユイフィーユの20/ルーシーブライドの20/ラヴアンドフェイスの20)の診断【三嶋牧場編】

 

●インゼルTC2021の募集馬総評【500口・三嶋牧場編】  

①ルーシーブライドの2020

性別:

生年月日:2020年4月26日

父:イスラボニータ

母父:ブライアンズタイム

生産牧場(育成牧場):三嶋牧場

募集価格:1600万円(3.2万円/500口)

総評:母10歳時に本馬誕生。全姉にユニオン所属馬ベルマリエ、いとこに短距離で活躍したストレイトガールがいる。父は今年産駒デビューしているイスラボニータ(2019年度種付け料:150万円)。先日産駒のプルパレイアスター賞を勝利。

Hail to Reason5×4(9.38%)、Graustark・His Majesty4×5(9.38%)クロス。

インゼル募集馬2021の牡馬最安値(1600万円)。イスラボニータは2021年度種付け頭数159頭と、2020年度(122頭)よりも増えており、産駒の出来の良さがうかがえる。募集価格だけで判断しないこと

 

②ラヴアンドフェイスの2020

性別:

生年月日:2020年5月4日

父:ロードカナロア

母父:Corinthian

生産牧場(育成牧場):三嶋牧場

募集価格:2600万円(5.2万円/500口)

総評:母11歳時に本馬誕生。半兄にSuper Sermon(GⅡ2着1回)、メイショウヒューマ(現2勝クラス)がいる。父はロードカナロア(2019年度種付け料:1500万円)。

In Reality5×4(9.38%)、Mr. Prospector4×5(9.38%)、Alydar5×5(6.25%)クロス。母父Corinthianは、現役時代米国のダートで活躍。

ロードカナロア産駒ながら、牝馬かつ非NF生産馬とあって募集価格が控えめキーファーズ-三嶋牧場ラインは見逃せないため、募集価格だけで判断するのは早計かも。歩様や筋肉の付き方など要確認。

 

③ユイフィーユの2020

性別:

生年月日:2020年2月2日

父:ルーラーシップ

母父:ディープインパクト

生産牧場(育成牧場):三嶋牧場

募集価格:1600万円(3.2万円/500口)

総評:母はキーファーズ所属馬(中央1勝)。母の兄弟にプリンセスムーン(アイビスサマーD3着)がいる。母6歳時に本馬誕生(初仔)。父はルーラーシップ(2019年度種付け料:150万円)。

クロスなし。父×母父では、キセキやワンダフルタウンなどがいる。

日本では、なじみのある血統のため特記事項はないが、個人的には同じ募集価格のルーシーブライドの20を推したい。初仔のため、馬格に注視する必要がある。

ウマ王子の一口馬主ブログ All Rights Reserved.プライバシーポリシー お問い合わせ