ウマ王子の一口馬主ブログ

競馬・一口馬主・POGを楽しむブログ

【ノルマンディー】2021年度募集馬の中で注目馬を評価|キョウエイハツラツの20/シュヴァリエの20

ノルマンディー2021の注目馬を血統診断してみた!!

今回は一口馬主クラブから、「ノルマンディーオーナーズクラブの2021年度注目募集馬を評価」したので紹介します。

※あくまで個人的な評価です

馬体写真なし時点での評価です

 

●詳細動画

チャンネル登録お願いします↓

【ノルマンディー】2021年度募集馬(注目馬)の診断

 

●ノルマンディー2021の注目馬

①レジェンドブルーの2020【

父:サトノクラウン

母父:ステイゴールド

募集価格:1240万円(3.1万円/口)

生産者:岡田スタッド

調教師:牧田和弥

評価:母は現役時代中央OPクラス(中央4勝)。母14歳時に本馬誕生。父はこの世代が初年度産駒サトノクラウン(2019年度種付け料:100万円)。ノーザンテースト 5×4(9.38%)、Northern Dancer5×5(6.25%)クロス。

サトノクラウンは欧州系の良血馬で、現役時代重たい馬場を得意としていたため、母父ステイゴールドと合いそうなイメージ。兄弟をみると、活躍の舞台を地方に移し、コンスタントに使われて息の長い活躍をしている。

初年度産駒の牡馬のため、活躍次第では種牡馬入りの可能性もある。

募集価格は牡馬ながらお手頃で、一発狙いで出資してみたい一頭。

 

②キョウエイハツラツの2020【

父:イスラボニータ

母父:オペラハウス

募集価格:1280万円(3.2万円/口)

生産者:岡田スタッド

調教師:-(新規開業)

評価:母18歳時に本馬誕生。半兄にリッカルド、叔父にスマートファルコン。父は先日産駒のプルパレイアスター賞を勝利したイスラボニータ(2019年度種付け料:150万円)。産駒は中央はもちろん地方でも勝ち星をあげている。クロスなし。

母系をみると、ダートで活躍しそうだが、父の活躍をみると芝でもやれそう。

イスラボニータは社台SSに繁用しているが、2021年度種付け頭数は2020年度(122頭)より多い159頭で、種牡馬として期待されている可能性大。面白そうな一頭。

高齢出産(母18歳)のため、馬体は丈夫なのか要チェック。

 

シュヴァリエの2020【

父:ダイワメジャー

母父:フレンチデピュティ

募集価格:2360万円(5.9万円/口)

生産者:岡田スタッド

調教師:吉岡辰弥

評価:母9歳時に本馬誕生。兄弟にクラブ馬のゴールドパラディン(現3勝クラス)とプリュムドール(現2勝クラス)、シュヴェルトライテ(未デビュー)とコンスタントに活躍。父はダイワメジャー(2019年度種付け料:500万円)。父×母父では、主に短距離が主戦場となる傾向あり。Northern Dancer4×5(9.38%)クロス。調教師は名門・角居厩舎で経験を積んできた吉岡辰弥牝馬の中では募集価格最高値

血統・兄弟・調教師どれをとっても期待せざるを得ない一頭。人気No.1となる可能性大。

 

インゼルR

 

●コメント

ノルマンディー2021では、牡馬14頭、牝馬16頭の計30頭(うち地方1頭)、平均募集価格1595万円(地方除く)のラインナップとなりました。

昨年度はデアリングタクトの活躍もあってか、出資すること自体熾烈だったようでしたが、今年度も人気馬には出資希望者が殺到しそうです。

 

Amazonで買い物↓

ウマ王子の一口馬主ブログ All Rights Reserved.プライバシーポリシー お問い合わせ