ウマ王子の一口馬主ブログ

競馬・一口馬主・POGを楽しむブログ

【シルクホースクラブ】2022年度募集注目馬4選|ラッドルチェンドの21/キューティゴールドの21

シルクレーシング2022の中で走りそう1歳馬(21年産)は!? 期待&注目する馬を評価!!

今回は大人気一口馬主クラブ「シルクホースクラブ」から、「2022年度募集注目馬4選」を現役一口馬主が勝手に評価します。

※あくまで個人的評価となります

 

●関連動画

チャンネル登録お願いします↓

【一口馬主悲報!?】維持費(費用)値上げへ!?

 

●2022年度シルクHC募集注目馬評価

①ラッドルチェンドの21

性別:

生年月日:2021年4月27日

毛色:黒鹿毛

父:ドゥラメンテ

→残り2世代

→2020年度種付け料:700万円

母父:Danehill Dancer

兄弟馬:テルツェット、ダノンシュネラ

生産者:ノーザンファーム

評価:母の兄弟にラヴズオンリーユーやリアルスティール。母15歳時に本馬誕生。父は残り2世代のドゥラメンテKingmanbo・Monevassia3×3(25%)、Northern Dancer5×5(6.25%)クロス。父×母父の組み合わせの代表馬にアスコルターレがいる。血統は文句なし。クロスが特徴的。父ドゥラメンテともあって気性が鍵

 

 

②キューティゴールドの21

性別:

生年月日:2021年2月17日

毛色:鹿毛

父:サトノダイヤモンド

→2020年度種付け料:300万円

母父:フレンチデピュティ

兄弟馬:ショウナンパンドラ、セントオブゴールド

生産者:社台コーポレーション白老ファーム

評価:母はGⅠ2勝馬ショウナンパンドラを輩出したキューティゴールド。母歳17時に本馬誕生。父は初年度産駒の評判が上々サトノダイヤモンドHalo4×5(9.38%)、Northern Dancer5×5(6.25%)クロス。サトノダイヤモンド産駒はプリーズアップセールで好タイムを出し、高値で落札されており、仕上がりが早そう

サトノダイヤモンド産駒の初年度が今年走るので、活躍を見てから出資の可否を考えた方が良さそう

 

 

③サロミナの21

性別:

生年月日:2021年2月1日

毛色:黒鹿毛

父:ハーツクライ

最後の世代

→2020年度種付け料:1000万円

母父:Lomitas

兄弟馬:サリエラ、サリオス

生産者:ノーザンファーム

評価:母は独オークス馬。母12歳時に本馬誕生。本馬はサリオスの全弟に当たる。父はこの世代が最後となるハーツクライ。Northern Dancer5×5(6.25%)クロス。この世代からディープインパクト産駒がおらず、ハーツクライ産駒も40頭も満たないため、数少ないハーツクライ産駒が主役となる可能性あり。個人的には一番狙いたい募集馬。

 

 

④ボニーゴールドの21

性別:

生年月日:2021年1月17日

毛色:黒鹿毛

父:エピファネイア

→2020年度種付け料:1000万円

母父:ディープインパクト

生産者:社台コーポレーション白老ファーム

評価:母の母はキューティゴールド。母5歳時に本馬誕生。初仔SS4×3クロス。父は活躍馬を多く輩出するエピファネイア。父×母父の組み合わせの代表馬にアリストテレスがいる。エピファネイア産駒かつ早生まれはクラシック向き。母は現役時代目立った活躍がなく初仔であるがゆえ、あまり人気がなさそうで狙い目

初仔のため、身体が丈夫であるかと、馬体のサイズに注目

Amazonで買い物↓

ウマ王子の一口馬主ブログ All Rights Reserved.プライバシーポリシー お問い合わせ