ウマ王子の一口馬主ブログ

競馬・一口馬主・POGを楽しむブログ

【総評】ワラウカド2020募集馬を評価|アップワードスパイラルの2020/プリンセスプリンセスの2020

ワラウカドの募集馬2021が発表!! 評価してみた!!

今回は一口馬主クラブから、ワラウカド2021募集馬「アップワードスパイラルの2020/プリンセスプリンセスの2020」を勝手に評価(総評)します。

※注意:あくまで個人的な評価です

 

●ワラウカド募集馬2021

・アップワードスパイラルの2020

性別:

父:サトノダイヤモンド

母父:Teofilo

厩舎:大竹正博

評価:半兄姉にスパイラルノヴァとインアスピン。母10歳時に本馬誕生。父は期待の種牡馬の一頭であるサトノダイヤモンド(2019年度種付け料:300万円)。Danzig5×5×5(9.38%)Halo4×5(9.38%)クロス。ワラウカドでもお馴染みになりつつある大竹正博に委託。

サトノダイヤモンド産駒の生産者評判は良く、クラシックディスタンスで活躍するとの声もある。初年度産駒のためデータが少ないが、長めの距離を得意とするディープインパクト産駒の穴埋めになる可能性もある。


 

プリンセスプリンセスの2020

性別:

父:モーリス

母父:ディスクリートキャット

厩舎:斉藤崇史

評価:母はエアハリファの全妹でラスシエネガスH(GⅢ)3着。母7歳時に本馬誕生で初仔。Private Account4×5(9.38%)クロス持ち。クロノジェネシスを育て上げた斉藤崇史調教師に任せる。

血統をみると、母は日本でも馴染みのある血統で、母父ディスクリートキャットがスピードを増幅させる。ワラウカド所属馬にありがちな高速馬場苦手を克服出来そう。堅実に走ってきそうな一頭。

 

●コメント

ワラウカド募集馬2021はマル外に目が行きがちですが、パカパカファーム生産馬も血統的に面白そうな存在感のある募集馬が名を連ねている印象があります。

Amazonで買い物↓

PVアクセスランキング にほんブログ村 ウマ王子の一口馬主ブログ All Rights Reserved.プライバシーポリシー お問い合わせ