ウマ王子の一口馬主ブログ

競馬・一口馬主・POGを楽しむブログ

【POG2024-25】友道厩舎の大物2歳馬4選|サトノブリジャール/メリッサバローズ

友道康夫調教師が手掛ける、期待したい22年産2歳馬は!?

今回は中央競馬POG2024-2025から、名門ステーブル「友道厩舎の大物2歳馬4選」をドウデュース好きが紹介します。

※本記事には個人的主観が多分に含まれます

 

●友道厩舎の大物2歳馬4選【POG24-25】

①メリッサバローズ

※オーマイベイビーの2022

性別:

生年月日:2022年4月2日

父:サートゥルナーリア

母:オーマイベイビー

母父:ディープインパクト

生産者:ノーザンファーム

馬主:猪熊広次

落札価格:税込5,390万円(セレクト23)

大物ポイント:11歳時に本馬誕生。本馬の父は、この世代が初年度となるサートゥルナーリア。半兄ステラヴェローチェ。サートゥルナーリア×ディープインパクトの組み合わせは個人的に注目したい血統。

 

 

②インザスカイ

※ダイヤモンドディーバの2022

性別:

生年月日:2022年3月21日

父:キタサンブラック

母:ダイヤモンドディーバ

母父:Dansili

生産者:ノーザンファーム

馬主:エムズレーシング

落札価格:税込1億8,700万円(セレクト23)

大物ポイント:母は現役時代、海外重賞勝利。18歳時に本馬誕生。半姉シャドウディーヴァ。

高齢出産がやや気になるが、本馬とんでもない素質を持っている可能性がある。それは...

この続きは下記にあるまとめ参照。

 

③サトノブリジャール

※ベルダムの2022

性別:

生年月日:2022年2月8日

父:エピファネイア

母:ベルダム

母父:ディープインパクト

生産者:ノーザンファーム

馬主:里見治

落札価格:税込1億8,700万円(セレクト22)

大物ポイント:母8歳時に本馬誕生。叔母ジェンティルドンナ

注目は里見治×友道厩舎の黄金コンビ。

この続きは下記にあるまとめ参照。

 

 

④アークシャルダーム

※カルティカの2022

性別:

生年月日:2022年4月11日

父:ブリックスアンドモルタル

母:カルティカ

母父:Rainbow Quest

生産者:社台ファーム

馬主:社台RH

募集価格:8,000万円(200万円/40口)

大物ポイント:母は現役時代、勝利。15歳時に本馬誕生。兄弟にQemah、 アスクビクターモア。

社台TCで(2023年度)募集され、牝馬ながらもこの世代の募集価格最高額タイ。

自信のあらわれだろうか。

注目はやはり社台F×ブリックスアンドモルタル産駒の組み合わせ。

この続きは下記にあるまとめ参照。

 

◎まとめ

下記リンク参照

友道厩舎の有力2歳馬3選

 

 

●コメント

友道康夫厩舎の2022年産2歳馬は、大物感漂う逸材がズラリ集結。

友道厩舎と言えば、夏ごろにゲート試験をパス→秋競馬でデビュー=期待馬という方程式がある(たぶん...)ので、どの2歳馬がこの夏ゲート試験に合格したのかも注目したいですね!!

ウマ王子の一口馬主ブログ All Rights Reserved.プライバシーポリシー お問い合わせ