ウマ王子の一口馬主ブログ

ワラウカドを一途に愛するブログ

【JRA】世界の競馬レースレーティング発表|日本のG1で最も高いレーティングを出したのは!?

日本の競馬のレベルは高い!? 日本のレースで最も高いレーティングを出したG1とは!?

 

日本競馬は世界と比べてレベルが高いのか。比較する指標のひとつとしてレースのレーティングがあります。そして世界の競馬レースレーティングの最新版が発表されました。

今回は、ロンジンワールドレースランキングトップ100【2019年版】」を紹介します。

ロンジンワールドレースランキングとは!?

各国のG1レースをレーティング化し、ランキングにしたもの。

 

レースレーティングの算出方法

レースの1~4着馬の平均レーティング値を算出したもの。

※レーティングを持っている馬が上位を占めると、レースレーティングが高くなる傾向にある

 

日本のレースでランクインしたもの(100位以内)

5位:宝塚記念(優勝:リスグラシュー)

6位:有馬記念(優勝:リスグラシュー)

16位:天皇賞(優勝:アーモンドアイ)

22位:安田記念(優勝:インディチャンプ)

35位:東京優駿(優勝:ロジャーバローズ)

38位:皐月賞(優勝:サートゥルナーリア)

50位:ジャパンカップ(優勝:スワーヴリチャード)

 

59位:マイルチャンピオンカップ(優勝:インディチャンプ)

65位:大阪杯(優勝:アルアイン)

78位:天皇賞春(優勝:フィエールマン)

91位:チャンピオンズカップ(優勝:クリソベリル)

2019年度ロンジンワールドベストレースホースランキング(日本馬)

第5位タイ:リスグラシュー(レーティング126)

第9位タイ:グローリーヴェイズ(レーティング125)

第12位タイ:アーモンドアイ(レーティング124)

第29位タイ:スワーヴリチャード(レーティング121)

第35位タイ:ブラストワンピース、インディチャンプ、キセキ、サートゥルナーリア、ウインブライト(レーティング120)

 

コメント

宝塚記念2019の1着~4着の馬をみると、1着リスグラシュー、2着キセキ、3着スワーヴリチャード、4着アルアイン、とG1馬が上位に来たため、レーティングが高くなったようです。地位の高いレースではなく、あくまでレーティング(レベル)が高いレースということですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村 ウマ王子の一口馬主ブログ All Rights Reserved.プライバシーポリシー お問い合わせ